Mr.コルクのつぶやき(81)「やき鳥」
0

    そのお店は、岡山県津山市内の大きな商店街の一角にありました。私の職場の仲間の義父が経営するそのお店は、店主が一代で築き上げた焼き鳥の名店です。今から40年前の昭和54年に、全く未経験だった店主が、大枚を叩(はた)いて手に入れた秘伝のタレだけを頼りに創業。焼きの技術を磨き、耐火ガラスを使った焼きの新しい工夫も取り入れて、今の人気店を築き上げました。職場の仲間で誘い合わせて、開店前の午後4時に予約を取らせて頂き、素晴らしい味を堪能しました。酒飲みにとって、次々と出て来る焼き鳥を食べ比べながら、時間をかけて飲む一杯は最高。いつものお酒も、その日は格別な味でした。美味を腹いっぱい食べて、心行くまで飲み、千鳥足で帰路についた、その夜のMr.コルクでした。

     

     

     

    Mr.コルクが津山まで持って行った、

    コルクのバッグは次のURLをご覧ください。

    http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/?pid=115680385

    | Mr.コルクのつぶやき | 10:46 | comments(0) | - |
    春の商品撮影
    0

      みなさんこんにちは!

       

      私たちは、季節に合わせた商品写真を撮影に

      行くのですが、桜に続く春の代表的な花といえば

      「菜の花」ということで、一面黄色の鮮やかな

      菜の花畑で撮影を行ってきました。

       

       

      コルクの優しい質感と菜の花がとてもよく合って

      おり、春を感じられる1枚となりました。

      皆さんもコルクのバッグを持って、春のピクニック

      に出かけてみてはいかがでしょうか?

       

      | 担当者の日常 | 14:22 | comments(0) | - |
      Mr.コルクのつぶやき(80)「かっぱ」
      0

        津山市は岡山県の北部に位置する、津山藩の城下町です。JRの普通列車で1時間半。日中は1時間に1本しか来ないその列車は、単線のディーゼル車で、無人駅で対向の列車との待ち合わせを続けます。岡山県に住んでいる私ですが、生まれてはじめてこの「JR津山線」に乗車しました。連れと世間話をしていると、1時間半はあっと言う間に過ぎて、休日の温かい日差しの降り注ぐ津山駅に降り立ちました。旭川に掛かった橋を渡った所にある大きな商店街。看板を見ると「ごんご通り」とあります。「どこかで聞いた名前だな…。」と思って歩を進めると、商店街の中に大きなブロイズの像を見つけました。思い出しました。「ごんご」とはこの地の方言で「かっぱ」のこと。空想上のこの生き物が、津山ではこよなく愛されていて、お祭り(ごんご祭り)まであるとニュースで紹介されていたのを思い出しました。等身大のかっぱの突然の登場に、嬉しくなっていた、そんなMr.コルクでした。

         

         

         

         

        「ごんご」同様に、

        いつまでも愛され続けているコルクバッグ、

        コルク雑貨については次のURLをご覧ください。

        http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/

        | Mr.コルクのつぶやき | 11:12 | comments(0) | - |
        | 1/48PAGES | >>