CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Mr.コルクのつぶやき(25) 「燻(いぶ)し銀」
0

    618(日曜日)の東京は、午後から激しい雨に見舞われました。渋谷駅から傘が必要になる「東急百貨店渋谷本店」は急に来客が減り、朝から売場に立っていた私も一息つきました。6階リビングフロアーのエスカレーター近く、内山工業のコルクバッグ・コルク雑貨の展示販売コーナーには、東京地区の私の知り合いも立ち寄ってくれて、朝からにぎやかでした。通勤電車の中で本を読む方には、ブックカバーが特に好評でした。

    午後7時の閉店、お客様のお見送りが済むと、夜の渋谷の始まりです。チェックインしたホテルのすぐ近くのグルメビルの中に、燻製(くんせい)を売りにしているお店を発見。仲間と二人「珍しいね」と言いながら入りました。席に案内してくれた女性店員さんの、「今日のお勧めはトマトの燻製です。」にはびっくり。早速食べてみて、そのしっかりした燻製の匂いには2度びっくり。お肉やお魚、醤油や調味料までも燻(いぶ)してあるお料理を堪能したのであります。

    最近、「燻(いぶ)し銀」という言葉を聞かなくなりました。よく手入れのされた銀製品の、くすんだ渋みのある色のことを「燻(いぶ)し銀」と呼びます。そのことから、「一見地味だが実際には力や魅力のある人物」を評する褒め言葉となっているのです。今は誰も使わないこの言葉、でもいつか誰かが自分に言ってくれるのを待っている、そんなMr.コルクなのでありました。

     

     

     

     

     

     

    Ecork ナチュラルブックカバーはこちらから   

    http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/?pid=105563547

     

     

    | Mr.コルクのつぶやき | 10:29 | comments(0) | - |
    Mr.コルクのつぶやき(24)「ここにもコルク」
    0

      私の勤務する「内山工業」は、自動車部品を製造しています。日本国内の工場は、岡山県の南部に集中しており、生産品の国内外への集荷を担当する物流拠点として、この春赤磐市内に大きな物流センター(LM)を建設しました。完成間もないこの最新の設備を見学するために、仕事の合間を縫って訪問しました。

      建屋の建設前の、敷地だけの時はそれ程広いとは思いませんでしたが、いざ建物が建って、その中を歩き回ってみると、広さを実感します。人手に頼っていた仕分け作業の一部を機械化したコーナーでは、長いローラーが静かに稼動していました。

      案内してくれた女性施設長から「トイレも見ていってください」と促されました。自慢気なその仕草に促されて、トイレの扉を開けると…。

      トイレの洗面台の中央の、存在感溢れる「シンク」は、まぎれもない「コルク製」でした。思い出しました。以前、ポルトガルに出張した人から「コルクの素敵なアイテムを発見した」との報告を受けて、私と私の部下が根回しをして、ポルトガルから取り寄せていたアイテムでした。すっかり忘れていた「コルクシンク」に、この日私は初対面しました。

      広い広い、でもチョッピリ殺風景なこの建物の一角に、異国のコルクアイテムを発見して、温かい気持ちになった、そんなMr.コルクでした。

       

       

       

       

      内山工業オンラインショップはこちらから♪    

      http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/

       

      | Mr.コルクのつぶやき | 14:12 | comments(0) | - |
      Mr.コルクのつぶやき(23)「小さなトイレセット」
      0

        「可愛いわぁ…。」女子社員の歓声。小さな可愛いトイレセット(便器)が、目に飛び込んで来ました。コルク屋さんとして、今から118年前にスタートした内山工業。岡山県内の研究拠点の敷地の一角に、コルクをふんだんに使った「のびのびぞうさん保育園」を開園しました。Mr.コルクを自認しているこの私、コルクの保育園を見ない訳には行きません。子育て中の、部下の女子社員二人を伴って、早速見学に出かけました。定員12名のこの施設に、今預かっているのは、社員のお子様方4人。広々とした室内は、嬉しいことに「総コルク貼り」。コルク床は、素足に優しく、夏も冬も快適。おもちゃを落としても安全、耳障りな音も聞こえません。そんなコルクに溢れた空間で、子供達は文字通り「のびのび」と過ごしていました。

        「コルク屋さんの積み木」で無心に遊ぶ子供達の近くにトイレルームがありました。何気なくドアを開けると、小さな可愛いトイレセット(便器)が目に飛び込んで来ました。この小さな部屋にも、コルクフロアー()が丁寧に、とても丁寧に貼られていました。

        帰りがけに若い保育士の女性達から、私が手にしていたUchiyama Cork オンラインショップの「カジユアルトートバッグ」に関する質問攻めにあって、褒められて、ちょっと嬉しかったMr.コルクでした。

         

         

         

         

        カジュアルトートのご購入はこちらから★

        http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/?pid=115680385

         

        | Mr.コルクのつぶやき | 09:06 | comments(0) | - |
        | 1/9PAGES | >>