それは、私が50歳を過ぎたある年の春先、突然やって来ました。目の白いところが充血したので、慌てて眼科に行ったところ「花粉症です。」との診断。それまで、身近に花粉症で苦しんでいる人を目にしていましたが、自分の事とは考えていませんでした。その日を境に、ゴルフに行った日の夜一晩中鼻水が止まらなかったり、天気の良い日に目が痒(かゆ)くて我慢できなかったり、花粉症の症状が出始めました。以来10数年、毎年2月の終わりから3月の初めに掛かりつけのお医者さんに行って、飲み薬(朝晩1)、点鼻薬、点眼薬の3点セットをもらって来るのが恒例行事となってしまいました。花粉の飛散量は、年によって差があるようです。今年の西日本は、花粉の飛散が多い年とか。「昨年よりも数倍飛んでいる。」と聞かされました。私が小学校や中学校の頃、「花粉症」という病気の事は耳にしませんでした。今は、子供でもかかるのでしょうか。2人の孫たちには、花粉症など気にすることなく、春の日差しの中で思う存分遊ばせてあげたい、心からそう願っているMr.コルクでした。

 

 

花粉症の原因には無縁の、地球環境に優しいコルク

については、次のURLをご覧ください。

http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/