津山市は岡山県の北部に位置する、津山藩の城下町です。JRの普通列車で1時間半。日中は1時間に1本しか来ないその列車は、単線のディーゼル車で、無人駅で対向の列車との待ち合わせを続けます。岡山県に住んでいる私ですが、生まれてはじめてこの「JR津山線」に乗車しました。連れと世間話をしていると、1時間半はあっと言う間に過ぎて、休日の温かい日差しの降り注ぐ津山駅に降り立ちました。旭川に掛かった橋を渡った所にある大きな商店街。看板を見ると「ごんご通り」とあります。「どこかで聞いた名前だな…。」と思って歩を進めると、商店街の中に大きなブロイズの像を見つけました。思い出しました。「ごんご」とはこの地の方言で「かっぱ」のこと。空想上のこの生き物が、津山ではこよなく愛されていて、お祭り(ごんご祭り)まであるとニュースで紹介されていたのを思い出しました。等身大のかっぱの突然の登場に、嬉しくなっていた、そんなMr.コルクでした。

 

 

 

 

「ごんご」同様に、

いつまでも愛され続けているコルクバッグ、

コルク雑貨については次のURLをご覧ください。

http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/