そのお店は、岡山県津山市内の大きな商店街の一角にありました。私の職場の仲間の義父が経営するそのお店は、店主が一代で築き上げた焼き鳥の名店です。今から40年前の昭和54年に、全く未経験だった店主が、大枚を叩(はた)いて手に入れた秘伝のタレだけを頼りに創業。焼きの技術を磨き、耐火ガラスを使った焼きの新しい工夫も取り入れて、今の人気店を築き上げました。職場の仲間で誘い合わせて、開店前の午後4時に予約を取らせて頂き、素晴らしい味を堪能しました。酒飲みにとって、次々と出て来る焼き鳥を食べ比べながら、時間をかけて飲む一杯は最高。いつものお酒も、その日は格別な味でした。美味を腹いっぱい食べて、心行くまで飲み、千鳥足で帰路についた、その夜のMr.コルクでした。

 

 

 

Mr.コルクが津山まで持って行った、

コルクのバッグは次のURLをご覧ください。

http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/?pid=115680385