岡山市津島の、岡山大学の西門の近くにある私の自宅は、「母屋」と「離れ」に分かれています。大学に近いこともあり、昔は「離れ」に学生を下宿させていましたが、今は物置と私の書斎になっています。書斎と言っても8畳一間に机やテレビを持ち込んだ質素なものです。この部屋に、冷蔵庫を1台置いています。その使用目的は、もっぱら「ビールを冷やすこと」。「台所の冷蔵庫に入れればいいじゃないですか…。」と言われればごもっともですが、これには訳があるのです。台所は居間(食事はここでします)のすぐ近くにあり、台所の冷蔵庫にビールを入れておくと、ついつい飲み過ぎてしまうのです。書斎は少し離れているので、その日飲む分だけ居間に運んで食事を始めると、離れに行くのは面倒くさくて、何とか予定数量にとどまるのです。昔、単身赴任時代には、部屋の冷蔵庫にあるだけのビールを全て飲んでしまうので、なかなかビールの買い置きが出来ませんでした。離れの冷蔵庫のおかげで、今はビールの買い置きが可能になりました。このように、知恵を絞って毎日飲み過ぎと戦っている、そんなMr.コルクでした。

 

 

毎日飲んでも飽きの来ないビールの味と同じように、

毎日使っても飽きる事のないコルクバッグ、コルク雑

貨の魅力については次のURLをご覧ください

http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/