私が子供の頃によく食べた「おふくろの味」のひとつに、「チンダイ貝の天婦羅」があります。当時児島湾(岡山県倉敷市児島)では、この貝が豊富に獲れました。一般にはマテ貝と呼ばれているようですが、形が兵隊さん(鎮台(ちんだい))に似ていることから、チンダイ貝と呼ばれています。それから50年余り。児島湾の淡水化の影響もあるのか、チンダイ貝は姿を消しました。今では年1回、有明海(九州)産のものを馴染みの料理屋さんに取り寄せてもらい、職場の仲間とすき焼きにして食べるのが恒例行事となっています。母親が幼い私に作ってくれた天婦羅は、一旦甘辛く煮たものに衣をつけて揚げており、私と同年代の岡山県民は大抵、家庭でこの味を経験しています。今は高級食材となった「チンダイ貝」。でもMr.コルクにとっては、いつまでもお袋の味でした。

 

 

 

 

チンダイ貝の天婦羅のように、使う人を懐かしい気持ちにさせる

コルクバッグ・コルク雑貨については、次のURLをご覧ください。

http://uchiyama-cork.shop-pro.jp/